話したい事は山ほどあるけど…。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のぼうの城
2008年 05月 08日 (木) 17:53 | 編集
のぼうの城のぼうの城
(2007/11/28)
和田 竜

商品詳細を見る

のぼうの城読み終えました。
面白かったです、成田長親という武将が主人公ですが全く知らないw
それなりに歴史は知ってるんだけどなぁと思っていましたが、
あぁ、小田原攻めで抵抗した地方大名かと話の途中で思い出したw

恩顧の北条、天下を治める豊臣の間に揺れる地方大名の成田氏。
その運命を決めたのが領民にすら『でく“のぼう”様』と呼ばれていた男だとは!
10倍近い軍勢をもって攻める石田三成と頼りない長親を取り巻く成田氏家臣軍。
その一人一人思いが渦巻く渦中、その中心に居たのは何故か頼りないのぼう様だった。
「なぁ、長親。本当にやるのか?」
「しょうがねーなー、のぼう様がいったんじゃ」
この男。本当に何者なのだろう?

歴史小説と言う割には読みやすく、背景などの解説も入れられています。
ごん太歴史もの好きにはとっても物足りないと思いますがw
一種のヒーローものだと思えば楽しめます。小中学生とかにもいいかも。

とりあえず若い武将“酒巻”の足軽隊のおぢいちゃん達のところで泣きそうにはなったw
さて、そんな風に本を読み終えているころ地震ですよ。
しかも一晩ででかいのが二回も。その前(19時ごろ?)からあわせると随分揺れた夜でしたわ。
つーか、そんなに前兆があって震度4が来た時は「あ、関東大震災きたか」と思ったほど。
天災って怖い。

飛び起きた人間様をよそ目に愛猫は布団で首を持ち上げてあくびしただけ。
あぁ、こいつは神経ずぶといな…。

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
本読んだテンションを保ちつつ、戦国無双をどうぞ。

イギーも雷が鳴ろうがなんの反応もありません。
2008/ 05/ 09 (金) 11: 18: 10 | URL | 1048 # SFo5/nok[ 編集 ]
あ~~コレすごく気になってたんだよね。
歴史小説はハマると抜けられなくなるから迷ってたんだけど・・

しんぢさんが薦めるのなら読んでもいいか。
2008/ 05/ 12 (月) 21: 13: 52 | URL | なりすけ # -[ 編集 ]
1048さん>
イギーもですか。まぁスタンド使いですからね。
動物ってもっと天変地異に機敏なイメージだったんですけどね(笑)

なりすけさん>
これは歴史ものー!って感じじゃないですよ、重く読み込むタイプじゃなくていい意味でスラスラしています。
読んだら感想もよろしく~
2008/ 05/ 13 (火) 17: 42: 59 | URL | SHINJI # /pdu0RA.[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 話したい事は山ほどあるけど…。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。